トップメッセージ

吉田 琇則
カッキテキにいこう。

わたしたちはこれまで外食の世界で敬遠されてきた生牡蠣を
"安全"な食材とすることに徹底的に取り組み、
日本にほとんど存在しなかった"オイスターバー"という
新しい価値を世の中に提案し続け、日本最大のプレーヤーになりました。
持株会社体制となり、今後は種苗から生産、加工、販売にいたる各事業を
さらにスケールアップさせ、安全な牡蠣の6次産業化を進展させていきます。
グループミッションに掲げている「画期的な未来」をつくるための
さまざまな準備も、各地で着々と進行中です。
牡蠣にできることは、もっとあります。
私たちにできることも、もっとあります。
その大きな可能性を信じて、いま社員一人ひとりが
「画期的な未来」へ、一歩一歩進んでいます。

TOP